管理者は安全こそ最優先に

hosyugijyustu
アオイテクノサービス㈱ 中四国支店主任 大野哲也さん
アオイテクノサービス㈱ 中四国支店主任 大野哲也さん

アオイテクノサービス株式会社 中四国支店 主任 大野哲也さん

平成10年4月にアオイ化学工業に入社、翌年の11年4月、施工を専門とするアオイテクノサービスの設立と同時に異動。
一貫して現場で橋面防水工やジョイント工の施工管理と技術指導に携わってきた。
技術者として駆け出しの頃は、建設の緒に就いたばかりの山陰道、または本格化する四国横断・縦貫道などの現場を担当。
「土木を専門に学んだわけではないので右も左もわからないまま、とにかく現場に飛び込み、多くの人に指導して頂きました」と感謝と共に振り返る。
近年では「備前♡日生大橋」(岡山県備前市、27年4月開通)の防水工が記憶に残る。5000平方㍍を遥かに超す大規模な工事だった。「ただ、施工現場の大きさはあまり気にしません。小さな橋でも人々の生活を支える橋はやりがいがあるし、またそうした小規模な工事の方が案外、苦労するものです」
だからこそどんな現場でも下調べは入念に、無理のない施工計画をたて、万一、不測の事態が起れば臨機応変に対応し、安全こそ最優先とする。「工期も、品質も重要。でもそれ以上に大事なのは事故を起こさないこと。施工管理者の最大の役割です」
昨年度、埋設型ジョイントの指導のため上海に行った。国は違えど、インフラ整備を通じて社会貢献をすることに変わりはない。自信をもって自社技術を世界に向け広めて行く。
「どんな現場でも、顧客から『次回もアオイさんの製品を使いたい』と言ってもらえるような仕事を目指します」
日本大学に通う学生時代はボクシングに熱中し、全日本アマチュアボクシング選手権で2度の優勝を果たす。広島市出身。44歳。(川村淳一)

愛知製鋼